Subscribe to 自分らしく生きる Subscribe to 自分らしく生きる's comments

最近、トヨタのCMで子供店長が二代目になっていました。

そして初代の子供店長の加藤清四郎君が、学ランを着て出ていてびっくりしました。

顔の可愛さはかわりませんが、身長がすっかり大きくなって、少し男の子らしくなっていました。

さらに、今日、テレビで元子役の俳優、須賀健太さんが20歳になったという事で、お酒を飲みながらバラエティ番組に出演されていました。

これにはちょっとびっくりして腰が抜けましたね。

まだ10代だろうと思っていましたが、成人しておられたとは。

私の頭の中では、須賀さんは「俳優」というよりはやっぱり子役のイメージが強いですね。

須賀さんも子役のイメージを払しょくするのが大変だといっておられました。

弁護士とか医者の役を演じてみたいというご希望があるようです。

でも、イメージ的になかなか難しいと言っておられました。

まだまだ二十歳ですし、実際の医者や弁護士になるにも24~25歳くらいですから、須賀さんも焦らず歳をとって行ったらよいのだと思います。

そういえば、いつまでも童顔で子役のイメージが抜けなかった安達祐美ちゃんも二回目の結婚をされました。

自分はちっとも変化していないように思いますが、子役だった皆さんの成長を見ていると、時間が過ぎたことを感じたのでした。
脱毛器


Comments off

マフラーを作った!

いつもなら、買ってすませるんだけど、最近は裁縫を時々やるようになって、今回はズボンとマフラーを作ってみた。

案外うまくいき、買ったものと、そんなに変わらないくらいの出来映え!!
さすがに初体験だったし、なにげに嬉しい。

一度作れたりすると味をしめて、また、何か作ってやろう!と思える。

そういう風に前向きになれるのが嬉しい。

あんまり、うまくない人でも、何か靴下の穴を閉じたりするくらいでも、やってみるときちんとはけるようになるから、そんなちょっとのことでもうれしいはずだ。

靴下も、今まではダメになるとすぐに捨てたりしていたけど、穴を閉じたら、かなり長く使えることがわかった…
靴下の、ほかのところの部分の布は、結構くたばらず、頑丈なのだ。

今まで簡単に捨てたりしていたことを、少しだけ反省…
せめて雑巾にしてでも、使い切れば良かった…
ダメになりそうなものでも、また、きちんと作り替えると、別の、何か長持ちする物に変わる。

私は、最近縫い物が楽しくなってきた。

木綿糸を使うようにしている。

ポリエステルの糸は縫ってて、ツルンツルンしてて、あれだとあんまり裁縫がはかどらない。

手縫いだと、布選びが大切なのと、後は木綿糸にする!ということを守ることだ!!
色が一緒なのは当たり前だけどね。

何かは作れる。
下手くそでも。
木綿糸が楽しい。
ロードサービスの必要性


Comments off

皮膚のブツブツが!!

一年前に行ったボランティアで、たくさんの雑草と格闘しているうちに、防備はしていたけど、足の皮膚があちこちやられてしまい、跡になりましたが、いつもの虫さされだ、とたかをくくって放置していたら、ホントに一年たってもそのままで、何かこれはおかしい…と思っているうちにどんどん増え始めました。

さすがの私も焦りだし、いろいろインターネットで調べたら、こういうのは、市販の塗り薬じゃきかない、とかいてあったので、ほんとに効果が見られなかったので、とうとう近くの皮膚科を受診して、専門に見てもらい、薬を処方してもらいました。
とにかく、注射をうったりして、しばらくこれを治すのは時間がかかる、と言われました。
そして、毎週、様子を見つつ、その都度、状態に合った飲み薬をもらうことになりました。

とにかく、あまり放置しすぎていると、この前じんましんも併発して、信じられないくらい全身に広がり、内科に飛んでいき、抗ヒスタミン剤でそれは何とか収まりました。
その際、食物アレルギーを疑われ、青魚のいりこを食べたことで、ブツブツがすごくなったことを言いました。
いつもはならないのに、途中からでもなるんですね。
その後、皮膚科のほうは、毎日薬を飲んでいるので、新しく広がるのはストップしました。
やっぱり、病院で見てもらって良かったです!
精力剤


今日は本業もヒマで、副業のアルバイトもお休み。なので、久しぶりにまじめに晩ごはんを作ろうと思います。このところ、切っただけ・焼いただけの適当ごはんばっかりだったし。
メインは鶏肉。ハニーマスタードチキンにします。甘めの味が好きな旦那さんのために、蜂蜜は少し多めに。付け合わせは実家から貰ったルッコラとレタス、ミニトマトのサラダを。副菜もこれまた旦那さんの好きなかぼちゃの煮物。いつもは鶏そぼろをかけているのですが、メインに鶏肉を使っているので今日はなしです。ごはんは枝豆ご飯にしました。枝豆をゆでてさっと混ぜるだけなのですごく簡単なのですが、旦那さんには好評。たまに混ぜご飯を食べるとテンションが上がるそうです。お味噌汁はなすとお揚げにしました。作り置きのキャベツの浅漬け風を添えて、晩ごはんの完成です。
なんだか旦那さんの好物ばっかりになってしまいましたが、私も好きなのでまぁいいや。いいタイミングで旦那さんが帰ってきたので、早速夕食に。旦那さんは終始大喜びでした。
一緒に後片付けをして、食後は旦那さんの単身赴任に備えた荷造り。来月から別居婚生活が始まるのです。
家具・家電がついた部屋なので、それほど準備は要りませんが、引越準備ってやっぱり面倒ですよね。
永久脱毛


日本プロ野球に存在する名球会、条件としては昭和生まれであること、投手なら200勝か250セーブのいずれか、野手ならば2000本安打達成者が入会対象となり、これはメジャーでの通算成績でも反映されます。つまり日本のプロ野球とメジャーリーグ、両方の合計は基準を満たして煎れば誰でも入会対象となるわけです。

しかし、高校時代に甲子園で優勝、鳴り物入りでプロ野球に入った投手となると、実はまだ入会対象者となった例がりません。

読売ジャイアンツに所属していた王貞治さん、柴田勲さんは高校時代は投手だっものの、名球会入りしたのは野手として入会、投手の人と言うのが居ないのが実状です。

今現在現役で活躍している松坂大輔投手にはその期待がかかりますが、今まで最もそれに近づいたのは桑田真澄投手、彼は読売ジャイアンツで若い頃から活躍しましたが肘を故障して数年間のブランクもあったことから結局200勝には手が届かず。

日本のプロ野球界、高校時代甲子園優勝投手と言うことで鳴り物入りで入団した投手にありがちなのは投手としては活躍出来ず、野手として成功する例が多い様です。代表例をあげると、ロッテ、中日で活躍した愛甲選手の様に。

とはいえ松坂大輔投手もそうですが、これからは高卒、甲子園優勝投手の200勝投手も出て来てほしいものです。
ピュウベッロ


今回も水曜どうでしょう Classicから、「激闘!!西表島編」について、また面白く、可笑しく書いて行きます。
ロビンソンさんの車の荷台に乗って、深夜の0時半にカエルを探している、水どう一行とロビンソンさん。
あまりにも道中が長かった為、大泉さんの表情も曇りがちになっております。
そして、淡水の川があると言う場所に到着。
そこで必死にカエルを探している、焦り気味のロビンソンさんと鈴井さん。
その様子はかなりの暗がりになっているので、あまり様子がうかがい知れませんでしたが、カエルは小さかったですが、2匹ゲット。
そしてまた、新しいカエルのいるポイントへ。
またしても荷台に乗る事になった大泉さん。
顔が憔悴し切っております。
その時、時間を藤村さんが、「只今、深夜0時半!!」の言葉に、ロビンソンさんが、「えっ!。
もう0時半なの!?」と、更に焦りの様子を見せるロビンソンさん。
でもそこはロビンソンさん。
もう1つのポイントに到着した時、「俺、みつけるまで帰らないから。」と、高らかにヤル気を宣言。
もう、こんな様子のロビンソンさんも、可愛く見えてしまいます。
(笑)
カラコン度あり人気


Comments off

異常気象

夏は猛暑が続き、やっと暑さがおさまったかと思えば台風が毎週やってきて、地震も少なくない、、、、、。 Read more »


日本のボランティア元年と言われたのは、1995年の阪神淡路大震災からと言われています。
しかし、なにしろ災害の多い国でもあり、台風やら洪水被害はもとより、今年は除雪のボランティアなどが求められていたようです。

3年前の東日本大震災においても多くのボランティアが活動していた様ですが、3年目を迎える被災地に行くボランティアの数が激減しており、今では発生時の1割程であるといいます。

いままでの2年9ヶ月でのボランティア数は、岩手、宮城、福島で133万人といいますが、23年には96万、24年には26万と減り、今年は11.8万にとどまっているといいます。

このボランティアの激減の背景には、交通費や宿泊費などの経済的な理由が多かったといいます。

ボランティアは、居住も食べるものも被災地に依存してはいけないというのが鉄則のようですが、近隣でもなければ、多額の費用をかけてまで被災者救援をしようとまでは思いません。

このような事で、ボランティアをやる気のある人達が諦めたり、減ったりするほうが、災害の多いこの国にとっては影響が大きいような気がします。
労力は無償としながらも、移動や宿、食べるものについては、国が補助をするくらいの事はやってもいいのではないかと思うのです。